モノ・暮らし

2021/08/26

バーカーテキスタイルのブランケット

病院用とは思えない、素敵なタオルケット

BARKER TEXTILES(バーカー・テキスタイル)は、フィンランドのテキスタイルメーカーで、ウールブランケットが有名ですが、ひそかにファンを虜にしているのが、この「ホスピタルブランケット」とも呼ばれるコットンブランケットです。

もともとは、フィンランドをはじめとする北欧・ヨーロッパ各地の病院(ホスピタル)でつかわれており、本来は業務用製品だったそう。

ノルウェー語で「ヘルスケア(健康管理)」を意味する〈HELSEVESEN〉と、いかにもそれらしい言葉が織りこまれているのですが、それさえも、私たち日本人の目には素敵に映りますよね^^

冬は暖かく、夏は涼しい

見てのとおり、ネットのように粗く織られたタオルケットなので、熱がこもらず、夏は本当に快適に眠れます。
冬は、掛け布団と体の間に挟むと蒸れにくく、暖かさも感じられます。

くったり、独特のやわらかさ

リトアニアの工場で織りあげられた後、水洗いされ、さらに高温で乾燥させてバクテリアなどを殺菌していくのですが、この工程により、独特のやわらかな風合いが生まれます。家族で取り合いになりそう!

コットン100%ですので、オールシーズンつかえるのも魅力。

タオルケットはもちろんのこと、ベッドのスローケットにしたり、ストールのように屋外で羽織ってみたりと、使い道の多いケットです。

お手入れがカンタン

洗濯ネットに入れて、洗濯機で丸洗いできる手軽さも、このブランケットの魅力のひとつです。
時折「アクセサリーを引っ掛けてしまった…」とか「毛羽落ちが多い」という感想を耳にすることがあります。
そのあたりは個人差があると思いますが、筆者はそれほど気になりませんでした。もし引っ掛けてしまったら、自分で適当に修復しておけばさほど目立ちませんし、ラフに使っていくほうが楽しいんじゃないかと思います。
毛羽に関していえば、買ってすぐは洗濯ネットにいれずに、たっぷりの水で「単独洗い」を3~4回しておけば、それほど気にならないと思います。もちろん個人差はあるとは思います。

BARKER TEXTILES/バーカー・テキスタイル

1843年、フィンランド西海岸のトゥルクにつくられた織物工場から始まった、歴史あるテキスタイルメーカーであり、高品質なウール、コットンのテキスタイル製品は、ヨーロッパをはじめ世界中で愛されています。また、バーカーテキスタイルの製品は、エコテックス®/OEKO-TEX®スタンダード100クラスIの認定を受けています。

OEKO-TEX®スタンダード100クラスIとは?

日本の安全基準をはるかに超える「350種以上の有害物質」を対象とした、世界最高水準の安全な製品の証明。また、生産にたずさわる人や環境への負荷に配慮したサステナブルな工場であることの認証など、繊維ビジネスにおいて「世界に通ずる安全の証」であるとされる。

当店の最新情報は、Instagramにて^^

 

おすすめ記事

  • カテゴリ
  • タグ
      ,私たちの思い, ,キャンペーン, ,北欧のアイデア,洗濯用品, ,調理用品,プロ愛用のキッチン道具, ,調理用品,プロ愛用のキッチン道具,レシピ, ,北欧のアイデア,洗濯用品, ,北欧のアイデア,洗濯用品, ,洗濯用品,暮らしの名脇役, ,レシピ, ,レシピ, ,肌にやさしい,

日曜ブログとは?

にくらす with HOME』による、暮らしに役立つモノブログ。「いつも使いたい、ずっと使いたい」そんなモノづくりをしています。