日曜ゴハン

2021/05/30

材料は2つだけ♪失敗しない「梅シロップ」基本の作り方

はじめての『梅しごと』

梅酒や梅干しを仕込む、毎年楽しみな「梅しごと」♪
季節は、5月下旬~6月中旬。スーパーの店先に梅が並ぶと、夏が近づいたなー!と感じます。

梅シロップの作り方

まずは、梅シロップ♪

入門にちょうどいいのは、2週間~2ヶ月で飲める「梅シロップ」!(寝かせる期間は、お好みで)

炭酸水で割ったり、かき氷にかけたり、ゼリーにしたり…♪
長期保存もできる「夏のお楽しみ」を今から仕込んでみませんか?^^

梅シロップの作り方

梅シロップづくりの準備

こちらのレシピは、フレッシュな梅の味を楽しめる、基本の梅シロップです。
カビてしまってガッカリ…ということになりにくい作り方ですので、ぜひ週末にお試しください。

■材料(作りやすい分量)

・青梅…1kg どんな品種でもOK
・氷砂糖…1kg

↑どちらも5月下旬~6月中旬にかけて、スーパーの店先に並んでいると思いますので、カンタンに手に入ります。

■用意するもの

2Lサイズの保存瓶
・大きめのボウル
・ザル
・キッチンペーパーもしくは、清潔な布
・除菌アルコール…焼酎(ホワイトリカー)や食品用エタノール

※シロップや梅の実をすくったり、グラスに注いだりするために「カンロ杓子」があると、便利です。

前日の準備

梅シロップの作り方

水にさらします♪
水にさらすことでアクが抜け、渋みのない、おいしいシロップになります。

当日

1)梅の水気をとる♪

梅シロップの作り方

梅の水を切り、よく水を吸う布で、ひとつひとつ優しく包むようにして、ていねいに水気を取ります。
※水分が残っていると、カビの原因になります。

2)ヘタをとる♪

梅シロップの作り方

※ここから先は、梅に水がかからないように注意!(ヘタをとった穴から水が入ってしまうため)

竹串でヘタを持ち上げるようにして、ひとつひとつ取っていきます。
このとき、梅の皮を傷つけないように気をつけてください。
※ヘタを取った凹みの奥に、なにやら黒いものが見えることがありますが、そのままで大丈夫です。

3)消毒する♪

保存瓶の内側に、アルコール除菌液をまんべんなく噴霧します。
キッチンペーパーに焼酎(ホワイトリカー)を染み込ませて、拭く方法でも大丈夫です。

ボウルに入れた梅にもアルコールを噴霧しておくとさらに安心♪

※アルコール除菌には、焼酎(ホワイトリカー)や食品用エタノールが適しています。ジンやウォッカでも代用できます。

4)瓶に入れる♪

梅シロップの作り方

氷砂糖を保存瓶の底に並べ、梅と交互に重ねていく。最上段が氷砂糖になるようにすれば、自然と砂糖が全体にいきわたり、シロップが出やすい♪

5)フタをして冷暗所に寝かせる♪

フタの裏側にも、忘れずアルコールを噴霧して…しっかりフタをする!

2~4日間

冷暗所に寝かせて2日ほどで、シロップが出てきます♪
1日1~2回、瓶をかるくゆすって梅全体にシロップをいきわたらせます。
※瓶を逆さにせずに、ゆっくり傾けたり、まわしたり…♪

5日後~

時々(2~3日に一度くらい)瓶をかるくゆすって梅全体にシロップをいきわたらせます。

2週間後~2カ月後

2週間後、梅がシワになって浮いてきたら、もう飲めます♪
およそ2カ月後、じっくりと発酵させた梅シロップはさらにまろやかな味になり、 味の変化を楽しめます。

※カビが発生した!どうしたらいい…!?
もしカビのようなものが浮いていたら、そっとカビだけを取り除けば大丈夫です!

梅シロップの作り方

梅シロップの賞味期限/保存方法は?

梅を入れたままなら、梅シロップの保存場所は「冷暗所」でOK!
賞味期限は半永久的に保存可能ですが、早めに飲んだほうがおいしくいただけます♪

※梅を出してシロップだけを保存する場合は?
シロップのみ保存する際は、鍋で一度沸騰させてから瓶で保存(発酵が進むのをストップさせます)する方法や、冷凍保存という方法もあります。
しかし、どうしてもフレッシュな梅の風味はとんでしまいますので、あしからず。。

いろいろアレンジして、この夏を楽しみたいですね!^^

当店の最新情報は、Instagramにて^^

おすすめ記事

  • カテゴリ
  • タグ
      ,私たちの思い, ,キャンペーン, ,北欧のアイデア,洗濯用品, ,調理用品,プロ愛用のキッチン道具, ,調理用品,プロ愛用のキッチン道具,レシピ, ,北欧のアイデア,洗濯用品, ,北欧のアイデア,洗濯用品, ,洗濯用品,暮らしの名脇役, ,レシピ, ,レシピ,

日曜ブログとは?

暮らしを楽しむ生活用品、「時間があるのに時間がない」週末に役立つ暮らしのレシピを紹介するブログです。
生活用品店『にくらす with HOME』が、お店が休みの日に書いています。